ヘアケアやスタイリングに差が出るヘアブラシの選び方とは

29 4月

ヘアケアやスタイリングに差が出るヘアブラシの選び方とは

毎日のヘアケアで欠かせないのがブラッシングです。ただ髪をとかすだけでも髪や頭皮の健康に良いのですが、ヘアブラシの選び方でその効果を更に上昇させることができるのです。
では一体どんなヘアブラシが何に効果的なのか、ここで探っていきたいと思います。

髪にボリュームが出やすくて頭が大きく見えがちという方にはデンマンブラシが最適です。ベース部分にクッション性がなくしっかりとかせることが特徴で、ボリュームダウンをしたい方はもちろん、比較的どんな方にも使用できる基本的なヘアブラシであると言えます。

デンマンブラシでは硬すぎて頭皮の刺激が強すぎる感じられる場合はクッションブラシが最適です。ベース部分にクッション性があることにより頭皮への当たり方が優しいのが特徴です。
また枝毛や切れ毛が気になる方にも当たりが穏やかなクッションブラシは効果的です。

ユニークな形状のロールブラシは誰もが一度は見たことがあると思います。カールヘアにしたい時にしか使用されないと思われがちなロールブラシですが、太めのロールブラシは根元からとかせることによりストレートヘアについたクセを伸ばすことができます。
またドライヤーを使用する際内側に風を当てることができ、奇麗なスタイリングをすることもできます。

このように一口にヘアブラシと言っても様々な形状とその役割が存在します。ブラシの特徴を知り上手に使い分け、理想のヘアケアやスタイリングを実現しましょう。

ヘアブラシは用途に合わせた購入が効果的

女性ならほとんどの人が、毎日髪の毛をヘアブラシでブラッシングします。
ヘアブラシなんて、髪の毛をブラッシングするだけの物だから、安いヘアブラシでいいと思っている人もいるかもしれません。
しかし頭皮や美髪のためには、どんなヘアブラシを使うかで健康な頭皮や健康な髪の毛になれるかが決まると言っても過言ではありません。
ヘアブラシはただ髪の毛をブラッシングするだけの物ではなく、髪や頭皮の汚れを落とし血行を良くする大きな役割があります。
そのため、どんなヘアブラシを使うかでその効果は違って来ます。
ヘアブラシ売り場に行けば、いろいろな形の物や髪の毛をとかすブラシの部分の材質の種類も多くあります。
ヘアブラシの形は用途により違っており、ストレートにしてくれるブラシやカールしてくれるブラシなど
自分のヘアブラシを使う用途によって購入する事でその効果は発揮されます。
ブラシの材質の違いは、髪の毛にツヤを出してくれたりドライヤーを使う時に耐熱性があったりとブラシの材質で違いがあります。
ブラシ部分の材質によりヘアブラシの値段も違っており、天然毛を使った物は値段が高く樹脂製のブラシの方が値段は安く購入しやすくなっています。
自分に合ったヘアブラシを購入する事が髪の毛や頭皮に良い効果があります。

私がお気に入りのヘアブラシ!髪がサラサラに

職場にいつでも髪がサラサラして艶やかな女性がいます。この女性は私と同い年なのですが、私の髪と比べてしまうんです。私は30歳を超えてからどんどん薄毛になってきました。トップにボリュームがでないのです。髪はパサパサして広がりますし、一体どうしたらあんなに綺麗な髪を維持できるのかと思ったので、その髪がサラサラの女性に聞いてみたのです。

するとヘアブラシにこだわりがあることがわかりました。その女性はアヴェダパドルブラシを使っているとのことでした。すぐに通販でアヴェダパドルブラシを購入しました。ヘアブラシはいつも100円ショップで買っているので、こんなに高価なブラシを買ったことはありません。しかし彼女から「美髪でいたいならヘアブラシにもっとこだわらないと!」と言われ反省しました。

アヴェダパドルブラシですが適度なクッション性で頭皮に負担がかかりませんし、まるでマッサージをしているような心地よさを感じます。とても魅力的なヘアブラシなんですよね。ヘアブラシを変えただけなのにトップがふわりとボリュームアップするようになり驚きを隠せません。

何度も使っているうちに髪のぱさつきが改善されて、しっとりとまとまるようになりました。艶やかでサラサラヘアになり満足です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です